いじめ問題を考える時に

いじめ問題で本人がしんどいときにスクールカウンセラーとか精神科に通うように指示されることがよくあります。

だけど、それ以上に大切なことっていじめを取り除くことなんですよね。いじめが現にあるのに本人にかける言葉はないですよね。せいぜい、「大人を代表して謝るね。申し訳ありません」ということくらいです。

これはいじめに限ったことだけではなくて、担任の先生が、家庭が、病院が安全な場所であることって子どもの成長にすごく大切なことだと思います。まともな大人がいるということを子どもに諦めさせてはいけないんだと思っています。

関連記事

  1. 講演させてもらって

  2. 新患の対応

  3. ちょっとした話

  4. 保健所来訪

  5. 親の会

  6. ゲーム症やネットの扱い方に関する講演

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。