人権を侵害することへの空気より軽い態度

ある組織から人権侵害受けたんですけど、「結果的に申し訳ないと思ってます」と言われたんだけど、いやいやいや結果じゃなくて経過から全部おかしいんだけどあなた方の組織の見解はどうなってるのですか?と尋ねました。「だれそれが一報入れたと言ってたんですけど先生は知らなかったんですね?」と言われても、その一報は着信にも残ってないですし言った言わないはあなた方の組織のほうれんそうの問題なので組織の見解として今回の人権侵害についてどう考えてるか見解が聞きたかったのですと伝えました。

そこで再び、結果として、、、

これって子どももよくされるんですよねぇ。結果としてと言うのは、その人のためにやったけどという前提が入るのにそんなこともなかったりするわけです。そして、結果としてとか私どもも精一杯やったんですけどと言われても被害者側が納得しないの何でわかんないのかねぇって思います。

どんなことがあったのか言うつもりもありませんが、こんな大人がいる世界を少しずつ変えていきたいなって思います。

いや世界は言いすぎたな。私の診療スペースでは変えていきたいなと思います。

関連記事

  1. ある会議

  2. 親の会

  3. 共依存

  4. 子どもと親を離しての面接についての私の考え方

  5. 親の頑張り

  6. 処方箋の有効期限

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。