ゲームの時の声

まあうるさいですよね。分かります。

だけど、あつもりで大きな声はめったに出さないんですよね。フォートナイトなどのFPSで大きな声を出すのって感情移入してるから当然なんですよね。「死んでください」って小声で言われたら寧ろひきます。

それをどうするかって結構相談されるけど、基本的にはほっておけばいいと思います。そんなに集中できるものがあるって素晴らしいと思います。

こういうのをやめるときってやめられないんですよね。まあ貧乏ゆすりって基本的に直せないですよね。自覚していないから。自覚していて止めたいと思っているなら貧乏ゆすりしていたら立ち上がって散歩するなり足にぎゅーって力をいれるならすればいいと思います。ただ貧乏ゆすりはやめるために考える時間があるんですよねえ。ゲームの大きな声はたいていはその場限りです。なのでやっぱり自覚してないんですよね。なので自覚するところが最初の目標です。大きな声を出しているのをやめたいと思っている子はたいしたものです。気付いていたら多分そのうちやめると思います。気付いていない子は、ゲームをやっていない時に「声のボリュームを100にして〇〇と話してもらう。声のボリュームを1にして〇〇と話す」っていうことをやってみてください。そして普段の声がボリュームいくつなのか確かめてみてください。親御さんも一緒にやってみるといいと思います。普段の声自体、おそらくボリュームは共有できていないと思います。大きな声って言っても人によって違うんだなあって気付いてみると次の手段がとれると思います。まあ、そもそも大きな声出すなの「大きな」ってなんなのって感じですよね。大人は長生きした結果手に入れた感覚です。中学生とか、ましてや幼稚園生には難しい話です。自分の声の調整が日頃できるということを楽しんでみてください^^

関連記事

  1. 10月5日

  2. 将来の話

  3. ゲームをやめる時間がきたら

  4. スマホ脳

  5. 開業祝い

  6. ワクチン接種

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。