診療していた子がお母さんになること

この仕事をしているとたびたびそういう場面に遭遇します。

かなりの感動をします。その子が急激な成長を遂げることをよくみるのでとてもそう思います。

ただ、若くして、もしくはなんらかの困難を抱えている場合は他人の手を上手に借りるということを続けてほしいです。全て母親がやらなくてはいけないという法律はありませんし、そもそも困難な人が子育てにチャレンジしているってすごいことなんです。社会はそうい親を支援すべきであって、親になる資格云々という議論は斜め上だなって思ってます。少子化の世の中、子供を産んでくれてありがとうってみんなで思えばいいのにね。できることできないことは人それぞれあるから、その子なりの育て方があっていいと思います。

って最近、そういう子とお話したので当分頑張れそうだなって思ってます^^

関連記事

  1. 負けると悔しがる子

  2. 4月から

  3. スマホ脳

  4. 患者さんに育てられていること

  5. ちなみに私は健康です

  6. ホワイトボードマーカーでお絵かき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。