見知らぬ通知

他の都道府県からの電話の通知があると結構身構えます。

先日も見知らぬ通知があり電話を出ると「なんとかのなんちゃらだけど、今度本の出版を企画することになりまして(以下略)」。またなんかの勧誘かなって思ったので(有名人と対談しませんか?みたいなの結構きます。全部断ってます。名医なんちゃらに載せませんかってのもよく来ます。全部断ってます)、折返しかけますねとお伝えしたところ、「では私の携帯にかけてもらっていいですか?」と言われました。基本的には折返しかけますねと言いつつかけないこと多いです。だって詐欺に自分からひっかかかる必要ないですから。ただ、自分の携帯に電話というのは珍しいので診療の合間に電話しました。

出版の内容は割と普通です。詐欺じゃない?なんで私に依頼してきたんですか?と聞いたら「〇〇です」と言われたので「どちらの〇〇さんですか?」と言ったところで「すみません。〇〇さんですか。ほんとすみません。ご無沙汰してます」ってな展開になりました。まあ、出身大学とか色々とありますし、色々とあれなんですが〇〇さんは私が学生の時にご結婚されloveマシーンを踊らされた仲です。夜中に呼び出されて青いペプシ買ってこいとか言われてましたっけ。

私に依頼されてきたのは〇〇先輩がある地域で講演をされたときに私のことが話題になったみたいでご連絡頂けたみたいです。企画も面白いですし、〇〇さんに言われて断れるわけもないので謹んでお受けいたしました。こんな形でご恩に報いる(色々とされましたけど滅茶苦茶可愛がってくれていました。私の中でポジティブな先輩の一人です)機会があってよかったなって思いました。

だけどあれだよね、住所録に登録してないのもばれたよね。あれもあれも団体から抜けているから、ほんと不義理ですみません。

関連記事

  1. 今年もよろしくお願いいたします

  2. 新患の対応

  3. 本日の診療は終わりました

  4. 大人カフェ終了

  5. 開業祝い

  6. スマホ脳

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。